お腹が大きくなりはじめたらしたい 妊娠線対策

つわりで苦しんでいる最中もお腹の赤ちゃんは細胞分裂を繰り返し、

ものすごいスピードでぐんぐん成長しています。

ほんとうに命ってすごい!

なんとなくお腹がでてきたなぁと感じる頃、皮膚のつっぱりが気になるようになりました。

着実に伸びているのですねー!

私は成長期の身長が一気に伸びた頃に、

知らぬ間にお尻に肉割れ(妊娠線)ができてしまったので(これ、いまだに消えません…)

これがお腹にもまたできたら!!!!!と思い、慌てて妊娠線対策をはじめました。

還暦とっくに過ぎてる母には、

「今更ビキニ着るわけじゃないでしょー?できたってどうってことない!」

って言われますが、そういう問題ではないよね。

さて、妊娠線にはオイルがいい!ときいて、

妊娠前からつかっていたWELEDA(ヴェレダ)のマッサージオイルや生活の木のホホバオイルの残りを湯上がりの濡れた肌に塗ってたりしていたのですが、

本格的な冬になってきてオイルでも乾燥してしまいます。

それなのに使用後のベタつきが気になる。

よく妊娠線用に販売されているボディケア製品をみかけるのですが、

主婦のいまの私にはお値段が高くて…(泣



友人からは、「お腹だけ妊娠線ができないようクリーム塗っていたら、

背中のお肉が引っ張られて背中側のウエストに妊娠線できたよ!」とか、

「毎日塗っていたのに油断して臨月にさぼったら一瞬で妊娠線ができてしまった!」

などと聞いたりして、

クリームより伸びのいいミルクやローションタイプのほうが

使い勝手がいいかもと思いました。

ポイントは、毎日サボらず続けられるような商品。

そのためには、お手頃な価格で手に入りやすいもの、伸びがよく、

毎日塗っても香料が気にならないもの。

(合成の香料は苦手なのでなるべく天然香料、つわり時期には特に鼻につきます)

みつけました!

もう、まさに名前の通り!!(笑

ビオレ使うのなんて中学生ぶりです。

ちょうど新発売の商品のようで、地方のイオンモールで価格も500円代でした。

お値段の安さと無香料、あとは濡れた肌用に開発されているところに惹かれました!

(新しいものを試してみるのも大事です)

お風呂から出たあとって、女性はすぐに化粧水つけて保湿しなければならないし、

髪もはやく乾かさなきゃ寒いし、いろいろと忙しいですよね。

子どもが生まれてからは尚更自分のことなんて後回しになる。

サボり癖にならないよう、私はいつもお風呂のなかでケアできることは

してしまいたいと考えているのですが、まさにぴったりの商品♡

しかもポンプだし、濡れた肌にそのままつかえて伸びもいい!

グリセリンが多く入っているようですが、

乾燥肌すぎる方にはちょっと物足りないかもしれません。

そういうときは、タオルドライ後に二度塗りしています。

私はもう二本目に突入!

毎日惜しみなく全身塗っていて、お腹もかなりでていますが、

いまのところ妊娠線はできていませんよ。

高級なオイルとかだと、ちょっとケチって見えるところだけケアしがちなんですが(汗

これだともう気兼ねなく足の爪先まで塗りたくれるので、

かえって全身の乾燥がなくなりました。

やっぱり保湿って大事なんですね〜。

ただ、ちょっと改良してほしいなって思う点は…。

使い終わりになってくると、ポンプがミルクを最後まで吸い上げにくく、

逆さまにしておいてから、キャップを開けないと最後まで使い切れないことでしょうか。

あと、ビオレっぽいブルーのボトルがなんだかインテリアには浮いてしまうのですが…(笑

きっと家族で使えることを対象にしたデザインなので仕方ないです。

それから、新生児にも大人といっしょに使えるといいなと調べたら、amazonの質問には

「生後6ヶ月後から大人の監督の元使用できる」との回答が書かれていました。

赤ちゃんには専用のボディミルクを使ってあげようと思います。

それでも、出産後もずっと使い続けていきたいなーと思う商品です♡

お母さんになっても自分のケアを怠らないよう、

プチプラなものを取り入れながら工夫していこうと思います!

★2019年7月2日追記★
ものすっっごい大きなお腹でしたが、妊娠線できませんでした〜◎
手軽で安いのでおすすめです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク