わたしが出産する病院を選ぶときに重視したポイント

ここ数日、ミルクの量を調節したら

日中もまとまって眠ってくれるようになりました。

午前中のお昼寝中に毎日ブログ更新できたらいいな。

わたしのお産についてはこちら

帝王切開についてはこちら

出産は、経験してみないとほんとうにわからないものですね。

「案ずるより産むが易し」という ことわざのまんま。

あんなに大変だったのに、産後は清々しい気分!

それはそれは すばらしい経験でした◎

それもこれも、夫や家族 まわりのサポートがあってこそですが、

日本の医療水準の高さ、医療従事者の献身な働きぶりに

感心しきりで、入院中は学ばされることが多かったです。

そんなわたしの産院えらびのポイントは、このふたつでした。

【何か起きたとき 早急にベストな処置ができる】

【無痛分娩など、選択肢が多くある病院である】

「お産は何が起きるかわからない」し、

自分が「高齢出産」の枠に入っていたのも考慮しました。

私が最終的に選んだ病院は、

アットホームな個人病院ではなく

県内でも有数の総合病院でしたが、

結果的に大変なお産だったため

「この病院に決めたのは正しい選択だったね!」

と、夫も母からも言われました。

【何か起きたとき 早急にベストな処置ができる】

・NICU(新生児集中治療管理室)がある病院
赤ちゃんが無事であることがいちばんの優先項目なので
まず、赤ちゃんを早急に処置できる機能が備わっていること

・個人病院で処置できない場合、
総合病院に緊急搬送されるロスタイムを少しでもなくす
総合病院ならすべての科が揃っているので、
すぐに処置に当たれます

【無痛分娩など、選択肢が多くある病院である】

・計画無痛分娩ではなく、自然分娩に無痛をプラスできる病院
地方都市はまだまだ無痛分娩ができる病院は少ないです
そして、「痛み」だけを取り除く、
より自然に近い無痛分娩ができる病院を探しました

・こだわりの強い特色のある病院より、フラットに個人を尊重してもらえる病院
医療を介入させない自然なお産を推奨するなど
様々な特色の産院がありますが、
必要ならば 現代の医療の助けは存分に利用したいので
自然なお産にさほどこだわりがありませんでした

・何かあったとき、可能な限りの選択肢から選ぶことができる
赤ちゃんを守るのは最後は自分
納得して選択したいので選択肢の幅があること
それにはスタッフが揃っていて体力のある病院であること

ありがたいことに、私の住む街は 総合病院もいくつかある

医療に恵まれた地域だったので、「選択できる」ということもあります。

当時、ここまで書き出してみて、

総合病院しか選択の余地はないな、となりました。

ある日の入院食 ごはんがまずいと思われている総合病院もがんばっています!

病院との相性もあると思うので 人それぞれだと思いますが、

実際、総合病院に通っていると 個人病院から紹介状をもらって
(個人病院では出産できないと判断されて)

転院されてきた方もたくさんいました。

妊娠中のトラブルなどで、産院選びから

思い通りにいかないひとって結構います。

そうなったとき、何かあったとき、

こんなはずじゃなかったって思うことのないよう、

病院の下調べはひととおり必要かな、と個人的に思います。

あ、自宅からあまり遠くないというのも大事ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク