混合育児で乳頭混乱になったときの対処法を考える

4キロ超えで生まれたムスコ。

母子手帳には、「巨大児」と書かれました…。

大きく生まれてきたから、おっぱいの絶対量も多いわけで。

最初からおっぱいがじゃんじゃんでるわけでもないので、

必然的に母乳とミルクの混合育児がはじまりました。

幸い、吸い付きがよかったのでおっぱいも順調に出て

一ヶ月検診では「母乳一本になるわね〜」なんて、

助産師からもお褒めのことばをいただいておりました。

が、順調に乗り出した、3ヶ月くらいから

いわゆる「乳頭混乱」に陥りました。。。

うちは、哺乳瓶ではなく、おっぱいを嫌がります。

助産師に相談するも、

「おっぱいを嫌いな赤ちゃんなんていないわよ〜」

ってとりあってくれませんが、いるんですよ、ここに!

おっぱいが嫌いな赤ちゃん!!!

理由を考えると、たぶん

乳首の形状だったり、

出てくる勢いの違いとか、

吸う力の問題など、

そんなところだと思うのですが。

とりあえず最初の対処法として、

哺乳瓶の乳首を変えました。

「母乳実感」の哺乳瓶にそのまま使えるので、

 おっぱいを吸う力と変わらないという助産師おすすめの乳首に。

いまもこれをつかっています。

これにしてから寝ぼけているときなら(苦笑

おっぱい吸うようになりました!

それでも、解決はしていないので、お次は

「乳頭保護器」なるものを。

これはサイズを間違えてしまったのと、

シリコン越しにおっぱいを吸うことにムスコが

違和感を示して合わず、一瞬でゴミ箱行きに…。

そうこうしているうちに、パンパンに張っていたおっぱいも

だんだん張らなくなって、出が悪くなってきました。

それでも、手絞りで頑張ってあげていたのですが、

そのうち腱鞘炎に…。

朝起きると手のしびれがハンパないので、

お次は「搾乳機」を投入!

これも「母乳実感」の哺乳瓶にセットできるスグレモノ!

付属のプラスチック容器にも絶妙な噛み具合で「母乳実感」の乳首がはまります。
(ちゃんとは噛み合わないですが、つかえないことはないです)

口コミをみると、サクラが書き込んでいたり(たしかに怪しい)

判断がむずかしいところではありますが、

amazonのベストセラー商品。

口コミのなかでも信頼できそうなコメントもみかけて、

お手頃値段だったし、「母乳実感」にセットできるし、

思い切って買ってみたのですが、正解でした!

シンプルなつくりでつかいやすく

ちゃんと絞れます!

ただ、中国製なのかな?

説明書もコピーしたようなもので、日本語がおかしい。

「ママと赤ちゃんのように」っておかしいよね…(笑

説明書は途中で終わっていて読んでもよくわからない!

まぁ、シンプルなつくりなので読まなくても使えますが…

私は、母乳外来に行く前にできることを!

と思ってここまで試していますが、

もうすぐ離乳食も始まるし、お出かけ時におっぱいを

出さなくてもいいのが案外楽ちんになってきました。

いまは哺乳瓶&水筒にお湯を持ってお出かけしています。

わたしのおっぱい(乳首)は取り替えられないし、

嫌がるものを無理やり飲ませるのもなんだかなぁ〜と。

母乳がでるうちは、少しでも、絞ってでも、

与えようという対処法でしかないですが。

どうしても母乳だけで!という方には参考にならないかも

しれませんが、こんな育児もありだと思ってます。

ムスコ、ちゃんと大きくなってるし!(笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク